お米のネット通販・コシヒカリ販売

本当に美味しく、安心でお手頃なごはんを手に入れるには?

*


お米の選び方

新米の選び方って難しいですよね。
新米と書かれていても、実は違うなんてことも無いとはいえないそうですし。
そう言われると、まぁ何を買うにしても心配であることには変わりないんですけども、特にお米はね。
新米と古米って見た目だけで判断するのって難しいでしょう。

難しいっていうか、私には無理かも。
だから、新米って書いてあったら、それを信じるしかないっていうことかもしれません。
一説には、新米を選ぶ時には、お米が硬い方がいいっていう話も聞きましたけども、お米専門のお店なら出来そうですが、スーパーのお米ではちょっと難しいですよね。

ちなみに、新米っていうのは秋の刈り入れ時から、その年の12月31日までに精米されたもののこと。
この間に精米されていれば、翌年に販売されていても新米ということになるわけです。
これは、米袋への表記上のお話ということになるので、現実的には秋の刈り入れから1年間は新米ということになるんだと思いますけども。

尚、1年前のものは古米。
それ以前になると、古古米、古古古米となっていくそうです。
古米はともかくとして、ずっと『古』が増えていくっていうのが、ちょっと面白いです。
新米は、炊いたときにやはり白くて艶がありますよね。

炊き込みご飯に合うお米

炊き込みご飯に合うお米を探しているんですけども、それがちょっと見つからなくて。
良いお米っていうことならば、たくさん見つかるんですけども、炊き込みご飯に合うことを条件に探すと、急に見つからなくなるんです。

炊き込みご飯って言っても、五目炊き込み、きのこの炊き込み、山菜おこわ、さつまいもなどなど、使い材料の組み合わせで本当にたくさんのレシピが出来ますよね。
レシピが出来るっていうか、炊き込みは基本的に「これを入れてはいけない」っていうのは無いのかも。

そうなると、どんな炊き込みの具材を使うかによっても合うお米っていうのは変わって来るのかもしれません。
逆に、これだけ探して炊き込み用のお米が書かれていないっていうのは、何を使っても美味しく出来るってことなのかもしれません。
ただ、個人的な感想を言うと、粘りが少ないものの方が炊き込みには合うかなって気もします。

炊き込みご飯にする具材は、季節ごとにいろいろあって一年中楽しめますよね。
真っ白な炊き立てのご飯もおいしいですが、炊き込みご飯も大好きです。

 - お米のこと , , ,