お米のネット通販・コシヒカリ販売

本当に美味しく、安心でお手頃なごはんを手に入れるには?

*


毎日食べるお米だからこそ

お米は毎日のように食べるものだと思いますし、
毎日のものだからこそ安く購入したいという気持ちがあるのは分かるような気がします。
安く買う方法と言えば、農家より直接購入するとか、ネットで購入するとか、業務用のお米を買うということでしょうか。
業務用のお米こしひかりなど有名ブランドのあまり有名でない産地とかかもしれません。

こしひかりといえば、魚沼ですが、○○県産こしひかりであるとかあとは、古米はどうでしょうか。
玄米保管ならまだまだおいしいですよ。
今年のお米はできがよくないので、昨年の古米のほうがまだ美味しいかもしれません安いですし…。
あとは、有名ブランドではないお米も業務用のお米と同じくらい安く売られているかもしれませんね。
たきたては、他とかわりませんが、オカマにずっと置いておくと美味しくないことも・・・。

無洗米は水を少々多めに

お米ってふつうに磨いでからたきますが、最近は無洗米ってのもありますね。
なんでも、精米度が低いので、栄養も高いってききました。
お米の販売サイトでは無洗米も扱っているところがあると思います。
お米を磨ぐのがめんどうだな、って人には無洗米がおすすめです。
でも、そのまま炊くわけではなく、ゴミをとる意味で、1度すすいでから炊いたほうがいいですね。

私も前に買ったことがありますが、味はかわりなかったです。
ただし、炊くときに水を少々多めにしないと、水分の吸収がよくないので、硬くなってしまいます。
普段の水分量よりも1mmぐらい多めに水をいれるとちょうどよいですね。

お米の販売サイトなどでは、おいしい炊き方を紹介しているところもあるので、各お米にあった炊き方を知ることもできます。
炊き方といっても難しいものじゃなくて、今あげたような、水の量とか、研ぐときのコツなどです。
そういえば、以前、おこめを洗うっていう言葉をきいて、お米を洗剤で洗った人がいた、ときいたことがありますが、びっくりですね。
お米は磨ぐっていう表現がぴったりだと思います。
お米の表面を磨くように、お米とお米をすりあわせ、手をまわしながら、おしつける。
それから、水をすててまた繰り返す。というのがお米を磨ぐというやり方ですよね。
日本人でも磨ぎ方がわからない人がいたのには、驚きました。

 - お米のこと , , , , ,