お米のネット通販・コシヒカリ販売

本当に美味しく、安心でお手頃なごはんを手に入れるには?

*


コシヒカリの性質

どうしてコシヒカリが一番つくられているのか

  •  コシヒカリが多く作られている理由としては、味が良いことは勿論、生産量が天候状況に左右され難いということが挙げられます。
  •  もう少し詳しく書きますと、コシヒカリは『陸羽132号』(大正~昭和初期=東日本で最も美味しいとされたお米)と、『朝日』(大正~昭和初期=西日本で最も美味しいとされたお米)の系統にあたるお米であり、大変味が良いのです。
  •  また、コシヒカリはお米を作るのに十分なからだを作った後に穂をつける性質があります。  その為、東北などのお米栽培に適した土地以外、例えば暖かい九州近辺でも収穫することが出来るのです。
  •  稲には、気温の上昇によって穂をつける性質のものもあり、此方の場合は栽培地域の気温に実りが大きく左右されてしまいますので、栽培地域が限定されるのです。
  •  加えてコシヒカリは『休眠性』にも優れています。  休眠性とは、実りに良い環境が訪れるまで発芽しないという性質のことなのです。  コシヒカリは休眠性が深い為、無駄なエネルギーを消費し難いのです。これは品質低下を防ぐ大変有効な性質だと言えます。  と言うのも、種は発芽に使用するエネルギーを種の1部分を分解して得ているからなのです。
  •  また、コシヒカリの欠点である『いもち病にかかり易い』、『倒伏し易い』といった問題点が、徐々にに解決されてきたということも栽培率が高い理由だと思います。
  •  ちなみに、コシヒカリは栽培面積(約56万ha)と収穫量の両方において、平成17年度の全面積と収穫量の約4割を占めているという結果が出ています。  尚、約56万haとは、東京都の約2.5倍にあたる面積だそうです。

 - お米のこと